プレゼントにも使える?役立つ金券の有効活用法。

買い物のときに使えば少しお得になる

クレジットカード会社のギフト券のような金券は、どのようなときに使うのでしょうか。まず、当然、商品の購入に際して現金の代わりに使うことができます。たとえば額面が一万円の券を9900円で10枚購入すれば、実質9万9千円で10万円の買い物ができるので1パーセントお得になるわけです。一回の買い物で節約できる金額は少額かもしれませんが、常に金券ショップで購入したギフト券で購入するようにすれば、10年、20年という単位ではかなりの金額を節約できるでしょう。 また、プレゼントとしても有効です。たとえば、友人や会社の同僚など、お礼をしたいとき、現金を渡すと恵んだようで嫌みになってしまうというシチュエーションがあります。

現金を渡すと嫌みになる場面で役に立つ

そういう場合、ギフト券なら嫌みにならず、受け取る方も現金に比べれば気軽に受け取れるので、丸く収まるというわけです。また、ギフト券を送る側としては、金券ショップを使うことで現金よりもお得な金額で調達できるというメリットもあります。 では、金券ショップには未使用のギフト券がちゃんと置いてあるのかというと、ほぼ間違いなく在庫があるといっていいでしょう。というのは、ギフト券を店に持ち込む人は、ほとんどの場合、人からもらったものをそのまま持ってくるからです。使うつもりで財布などに入れておいたものを、途中で気が変わって売りにくるということはあまりないんですね。なので、正規の店で購入するのと同じ状態のギフト券を買えるのです。